精神科でもらった薬で太る理由

鬱病で精神科へ行くと、さまざまな薬を処方されますが、それらを服用すると太ることがあります。
ただし鬱病が改善したために太る場合もあるので、薬の副作用と決めつけることはできません。
もともと鬱病は気力が衰え、食欲もなくなるのが普通なので、体はだんだん痩せていきます。
その症状が改善すれば、食欲が増進して太るのは当然と言えます。
こうした場合は鬱病が治った後、薬をやめれば正常な体重に戻るので心配はいりません。

問題なのは薬の副作用で太る場合です。
精神科の薬は脳内の神経伝達物質を増減させ、交感神経や副交感神経の働きをコントロールします。
その作用で鬱病を改善させますが、体の他の部分にも影響を及ぼすことがあります。
たとえばセロトニンが増えれば気分が安定するため、セロトニンを増やす作用のある薬が精神科ではしばしば用いられます。
しかしセロトニンは代謝を抑制する効果もあり、エネルギーの消費が抑えられるので太りやすくなります。

精神科の薬には抗ヒスタミン作用や抗5HT2c作用を持つものもあります。
ヒスタミンは脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して、食欲を抑える働きがあります。
抗ヒスタミン作用のある薬はこの働きを阻害するため、いくら食べても満腹できなくなり、食事の量が増えて太ることになります。
もちろん薬のせいばかりではなく、精神的なストレスから過食状態になるケースもあるので、医師に相談せずに薬をやめてしまうことは良くありません。

精神科の薬にも多くの種類があり、作用機序もさまざまなので、同じように太るわけではありません。
最も太りやすいと言われているのは、NaSSaと呼ばれる最新の薬で、他の副作用は比較的少ないとされていますが、食欲の増進が顕著に見られます。
次に太りやすいのは三環系と呼ばれる古い薬で、現在ではあまり使用されませんが、重症の鬱病に用いられることがあります。
逆に太りにくいのはSNRIと呼ばれる薬です。

鬱病で引きこもりでも家でできるダイエットとは

精神科の薬で太ってしまったときは、どうすれば良いのでしょうか。
太ったことが気になってストレスを感じると、鬱病がさらに悪化してしまう恐れがあります。
かといって過剰なダイエットをすると、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり、逆にストレスをため込むことにもなりかねません。
まず太ったことを医師に相談し、本当に薬の副作用かどうかを確かめる必要があります。
場合によっては薬を変えてもらうことも可能です。

適度な運動は余分なカロリーを消費させるのに効果的です。
有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングで筋肉を付ければ、自動的にエネルギーを消費してくれます。
運動は気分転換にもなるため、鬱病そのものの改善にも効果が期待できます。
引きこもり状態になっていても、家の中で軽い体操をする程度のダイエットなら継続できるでしょう。

炭水化物や間食を控え、タンパク質や野菜を多めに摂って、栄養のバランスを心がけることは、引きこもりでもできるダイエット方法です。
過食を抑えることができれば、カロリー消費が少なくても体重を落とすことができます。
ただし強いストレスを感じるほどのダイエットは避ける必要があります。
まず鬱病そのものを治療しないと、いつまでたっても薬を減らすことができず、体重が増えたままになる可能性があります。

太るのが嫌だからといって、自分の判断で薬をやめたり減らしたりすることは絶対にやめましょう。
鬱病が再発したり悪化したりしては意味がありません。
精神科の薬は太りやすいものだと考えて、最初から体重管理を心がけ、運動や食事など生活習慣に気を配ることが大切です。
その上で、どうしても気になるときは主治医に相談してください。