ピルを飲むと太るって本当?

ピルの副作用に体重の増加が起こるケースがあります。
これは身体の中のホルモンバランスが変化し、妊娠中に近いホルモンバランスになっていることから起こるもので異常ではありませんし、すべての方に起こる副作用ではありません。

低用量ピルは女性ホルモンの量を一定に保つことで排卵を防ぎ、望まない妊娠を防ぐ役割があります。
種類によっては太るケースがあり、どの製品を服用すると太るのかについては個人の感受性によっても大きく左右されます。

極端な話、どのピルを服用しても体重が増えやすくなる方もいますし、その逆にどのようなピルを服用しても全く体重が増加しない方もいます。
ホルモン剤に対する感受性は人それぞれで、体重増加以外の副作用が出やすいかどうかも個人差が大きいことがわかっています。

服用しているピルであまりにも体重が増加してしまうケースでは、他の製品に変えることでその症状を改善させることが出来るケースがあります。
最近人気の低用量ピルにむくみにくいことを特徴とした製品があります。
これは身体の中に水分をためこみにくい特徴を持つホルモンを配合した低用量ピルで、むくみや肌荒れに悩む世界中の女性から人気があります。

ピルを飲むと太るという話は、ある面では正解ですし、人によっては全く太らないケースもありますので、結論としては個人の感受性によるところが大きいということが出来ます。
世代が新しいピルのほうが比較的太りにくいものが多く、又超低用量と呼ばれるホルモンの含有量が少ないタイプではその分副作用も少なめになっています。
気になる方は超低用量をはじめとした世代の新しいタイプを試してみると良いでしょう。

低用量ピルを服用して間もないころは様々な副作用が感じられるケースがありますが、身体が慣れてくるとそれほど気にならなくなるケースが多い傾向にあります。
まずは1シート服用してみて、それほど副作用を感じないようであれば身体にあっていると判断する基準になると考えられます。

更年期障害の治療で太る理由もホルモンにある?

更年期障害の治療をしていると太るケースがありますが、これは更年期障害の治療に女性ホルモンを補充する方法が使われるためです。
更年期障害でスタンダードな治療方法として、女性ホルモン補充療法問うものがあります。
更年期障害になると急激に女性ホルモンが減少するためのぼせや冷え、イライラや気分の落ち込みなど様々な症状が出てきますが、不足した女性ホルモンを補充することでその症状を抑えることができます。

女性ホルモン補充療法で更年期障害を解消できる例は非常に多いのに対して、副作用でつわりのような症状が出たり太るといった症状が出るケースもあります。
これは女性ホルモンの体内での量が急激に多くなったことに起因し、本来のホルモンバランスと異なる状態になっているためと考えられます。

更年期障害の治療では女性ホルモン補充療法以外にも様々な方法がありますので、ホルモン補充療法を試してみて副作用があまりに大きいようであれば他の治療法を試してみる方法もあります。
ホルモン補充療法以外には漢方やプラセンタなどを使った方法が一般的です。

漢方は身体を温めて様々な不快な症状を改善する働きが期待できます。
プラセンタには自律神経を整えて身体のバランスを良くしたり血行を良くして免疫力を高めるといった効果が期待できます。
更年期障害で服用する女性ホルモンはホルモン量が多めのものが使われますが、女性ホルモンに対する感受性が高い場合には様々な副作用が出やすくなります。

更年期障害の症状自体にも個人差があり、外出するのも困難になってしまうケースからほとんど気にならないケースまであります。
そのため、症状に合わせた治療を選択することが推奨されています。